ウォーターピーリングって本当に効果ある?30代男の半年間使用したレビューを公開

記事内に広告が含まれています。

年齢が30歳を超えたあたりから、顔の脂や状態など急に気になり始めた僕。

化粧水などはたまに使用してきましたが、毎日つけていたわけでもなく、肌のケアといえばお風呂の時の洗顔のみ。

今考えれば、大した肌ケアをしてきてないので「そりゃそうなるわ」と思うのですが、市販で購入できるウォーターピーリングを購入してから6カ月が経過したので、商品レビューを含め、ウォーターピーリングの効果や肌がどのように変わったか紹介していきます。

今回の記事では

・男性目線でのウォーターピーリングの半年使用のレビュー
・いちご鼻に効果はあるのか
・角栓は取れるのか

・買うべき人と買わなくても良い人

以上のことが分かるように解説していきますので、アラサー世代や男性で肌ケアなどに興味がある方は最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ウォーターピーリングとピーリングの違いは?

ウォーターピーリングって何?という人に簡単に説明すると、水と超音波を使って毛穴の汚れを浮かすことができるスキンケアグッズです。

薬品を使い、肌の角質層を柔らかくして落とす「ピーリング」なら聞いたことある方も多いのではないかと思います。

ピーリング → 硬くなった角質層を落とす
ウォーターピーリング → 毛穴の汚れを浮かせて取る

こんな認識でもよいでしょう。

どちらが良いというわけでもなく、できればどちらもやった方が肌のケアになりますが、敏感肌の方には水だけで使えるウォーターピーリングがおすすめです。

ウォーターピーリングを始めて使用したときの感想

初めてウォーターピーリングを知ったのは、テレビ番組で紹介されていたのがきっかけでした。

顔を水で濡らして、機械でなぞるだけで毛穴汚れが落ちるなんて革新的だ!と思ってAmazonで購入したのがこちらの商品です。

顔全体というよりかは鼻のブツブツ、いわゆるいちご鼻を解消したかった為、鼻の周りを充填的にやり始めたのですが、今まで手入れをしてこなかった蓄積が一気に現れたのか、にゅるにゅると角栓が大量に出てきました。

その時の画像がこちら

鼻にウォーターピーリングを使用してみた結果

初めてだったので少々気合が入っていて、強めにやったせいもあるかもしれませんが、開始1分で鼻だけでこれだけ出てきました。(笑)

洗顔だけで十分だと思っていましたが、ウォーターピーリングでこれだけ角栓(皮脂)が取れたので、ここで初めて洗顔だけでは落としきれない汚れもあるんだなと実感しました。

ウォーターピーリングを半年間継続した結果

初めて使用したときの角栓の量をみて、こんなに取れるならちゃんと継続しよう!という事になり、週に2回程度やることにしました。

夜、お風呂に入った後の毛穴が開いて角栓が取れやすくなっている状態で実践してみた結果がこちら

 

半年前と現在の鼻の状態

なんとも不気味な画像で申し訳ないですが(笑)

iphoneのインカメで撮影した過去の写真と現在の鼻の状態の写真を比べてみました。

半年前は黒いブツブツや明らかに汚れているのが分かります。この時は化粧水も使用していません。

現在は目立つようなブツブツはなく、綺麗とは言えませんがいたって普通の鼻になりました。

そう、めっちゃきれいにならなくても普通の鼻でいいんです(笑)

ウォーターピーリング後の化粧水でケア

ウォーターピーリングだけをやって角栓やその他の毛穴汚れを取っているだけでは、ここまできれいにならなかったと思います。

実はウォーターピーリング後に化粧水を塗っていたので、皮脂の分泌を整えてくれる効果が出ているものだと思います。

このウォーターピーリングの機械の機能として「Moisturizingモード」「Liftingモード」というのもあり、化粧水などを顔に塗った後にこの機能を使って肌をなぞってあげると、イオン導入効果もあり肌に浸透しやすいというもの。

確かに手に化粧水を付けて顔に塗りたくるより、振動を与えながらこの機能で化粧水を顔に塗っていく方が浸透しているようには感じました。

実際に半年前と比べると肌もきれいになっているので、効果はあったものだと思います。

化粧水はいたって普通の安い物を使用しています。

100均などで買えるスプレーボトルに入れて顔に吹きかけると楽にぬれますよ!

化粧水後の乳液やクリームも忘れずに

僕はゴリラクリニックというところで髭の医療脱毛をしているのですが、いつも施術をしてくれている看護師さんに教えてもらったことがあります。

それは、化粧水だけではだめという事でした。

化粧水は肌の乾燥などを防ぐために、水分補給として潤いを与えるためにやるものなので、更に乳液やクリームを塗って蓋をしてあげることが大事なんですよ、とのこと。

いつも化粧水しか塗っていなかったので、その状態で脱毛に行くと、毎回クリームなど塗ってますか?と聞かれていたので、わかる人にはわかるみたいです。

毎回言われるという事は、それだけクリームや乳液が重要だということになりますね。

化粧水だけしかやってないひとは乳液やクリームの併用も検討しましょう。

僕が使っているもの化粧水と同じメーカーのお手頃なものです。

顔だけじゃなく、体全体にも使用できます!

いちご鼻に効果はある?

僕の場合は、誰が見ても分かるようないちご鼻ではなかったのですが、黒いブツブツ汚れは継続してウォーターピーリングを実践したところ薄くなりました。

完璧に無くなるというのはなかなか難しいのかもしれませんが、近くで見ない限りわからない程度にはなります。

目立つようないちご鼻になってしまっている人は、表面上の毛穴が大きくなっている傾向にあり、汚れが目立っている可能性があるので、ウォーターピーリングや、毛穴吸引機などを併用するのが効果が出ると思います。

指で押しだしたり、ピンセットはNG

ウォーターピーリングを購入前の失敗談ですが、鼻の角栓を取るために、指の爪を使って押し付けて、角栓をニュルッっと出したり、専用のピンセットを購入して取ったりしていました。

上記の商品を買って取っていた時期もあるのですが、ピンセットの針が鼻に刺さって痛かったり、強く押し付けないと角栓や脂が出てこなかったりと、逆に肌トラブルになってしまった経験があるのでおすすめはしません。

ただ、ピンセットできれいに角栓が取れたときの達成感は味わえますので、慎重にできる方は使ってみてもいいかもしれません。

ウォーターピーリングを使用した方がいい人とは

個人的な感想にはなってしまいますが、少しでも肌質や顔を綺麗にしたいという気持ちがあるのであれば、数千円で購入できるものなので、購入して試してみるのが一番良いと思います。

当然ながら個人差はあると思いますが、使用することで肌が悪化する人はほぼいないと思うので価値はありますね。

僕も鼻以外にも顔全体や首回りもウォーターピーリングを使ってますが、薄く脂は取れてくれます。

やりすぎも良くないと思うので、バランスよく週に2回ほどやるのがベストだと感じています。

ニキビや吹き出物に悩む人にもおすすめ

肌質や角栓を取りたい人でだけではなく、ニキビや吹き出物で顔に出やすい人にもぜひ使ってほしい商品です。

ニキビの主な原因として、皮脂が増加し菌が繁殖し毛穴が詰まってしまう事なので、毛穴汚れを落としてくれるウォーターピーリングの効果は大きいです。

肌改善したいならストレスを排除する

ウォーターピーリングを始め、肌質改善グッズは世の中にたくさんありますが、肌が荒れてしまったり、ニキビができてしまう原因の一つとして「ストレス」が大きく関連しています。

現代社会は昔と比べ、より便利なものも増えた半面、ストレス社会ともいわれています。

リアルな世界からネットのSNSなどからも刺激を受けてしまう時代なので、自分なりのストレス発散方法を確立しておくことが重要ですね。

ストレスでどうしようもならない…と思った時は身近な友人や家族に相談してみましょう。

もし話す人が誰もいなければ、ココナラなどのサービスを利用して電話相談などに乗ってもらうことも一つです。

まとめ

今回は30代の僕が美肌を目指してウォーターピーリングを半年間継続した結果について解説してみました。

個人差はあると思いますが、効果は明らかなので、角栓や毛穴詰まりを解消したいという方は是非使ってみてください。

第一印象は「顔」ですから、自分が気になっていなくても他の人は気になっているかもしれないので、良いイメージを持たれたい!というかたは一つの方法としてウォーターピーリングをご検討ください。

今後も30代から始める美容関係について発信をしていきますので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました