ワークマンとダイソーを活用して合計1万円以下でキャンプを始めよう!

記事内に広告が含まれています。

こんにちは。アウトドア大好きなFree(@freebcf)です。

皆さんはキャンプを始めるきっかけとなったものは何でしょうか?僕は友人がキャンプに行ったのをインスタグラム経由でみて、「俺もやってみたいな」と思ったのが最初でした。

興味を持ってテントなどのキャンプ道具を調べたみたものの、価格が高く

「続くかどうかわからないし最初は低予算で始めてみたいな」と思っていました。

今はワークマンやダイソーなどのお財布にやさしい企業が、キャンプ用品にも参入してきて低予算で始められるようになってきています。

そこで今回は1泊2日ですべての道具を1万円以下でそろえてキャンプをする方法をまとめてみました。これからキャンプを始めてみたい!という方に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 1万円キャンプの概要

キャンプといっても人それぞれやり方やスタイルは違いますので、目的を決めます。

僕が初めてキャンプをしたときは道具不足で、快適にキャンプができなかった思い出があるので以下の事をクリアしていきたいと思います。

・焚火をする
・ご飯をしっかり食べる
・夜はしっかり寝る
・キャンプを楽しむ

以上4点をクリアできるように、合計1万円以下ですべてのキャンプ道具を揃えてみます。食材や薪代などは含まず、あくまで道具のみとさせていただきます。

合計1万円以下で揃えられる道具

ワークマンやダイソー商品を調べてみたところ合計1万円以下で揃えられそうなので、道具と使い方を解説していきます。

テント

テントはAmazonなどを見ると2千円台などで売っている迷彩柄の物をよく見ます。

これですね。

画像にもある通り購入した事があるのですが、生地も薄く、てっぺんがメッシュになっている上から生地を被せているだけなので、雨が降ったらアウトです。雨が降らなくても露などは気温差で発生するため水滴が垂れてくる可能性は高いです。

よって防水性能が低いので快適に夜寝れるかといえば答えは「NO」です。

といっても性能がいい物メーカー物を購入するとなると合計1万円以下で抑える事はできません。

そこで今回選んだのがこちら。

引用:ワークマン公式HP

ワークマン BASICドームテント一人用です。

価格は税込4,900円と超破格なので「大丈夫なの?」と感じるかもしれませんが、安心してください。ワークマンのオンラインショップを見てみると総合評価が星5中、星4.4、レビュー数も約1500もあります。ECサイトで購入した人がレビューをしてくれるのは1%前後といわれていますし、店舗での販売もあるので相当な数が売れていることが分かります。それだけ支持されているという事ですね。

撥水性も十分にあるとのことで、背面にもベンチレーションが付いているので換気もばっちり。内部にもランタンを吊るせるフックもついているので夜間も安心です。

色も豊富なので自分の好みの色のテントを購入することができます。

シュラフ 寝袋

季節を問わず、キャンプは夜も冷え込むので暖かく寝るためにシュラフを用意します。

引用:ダイソーネットストア

選んだのはこちら。ダイソーの封筒型シュラフNVです。お値段は税込1,100円です。

サイズも180cm×75cmと背の高い大人でも十分に入れるサイズで、コンパクトに収納も可能なシュラフです。

使用温度は15度と夏のキャンプなら心地よく寝れる仕様です。冬は確実に寒いのでご注意を(笑)

封筒柄シュラフNV購入ページはこちら(ダイソーネットストア)

テーブル

ご飯を食べる時や道具を置くときに必要なテーブルですが、選んだのはワークマンの耐熱アルミテーブルです。

引用:ワークマン公式HP

価格は税込980円と激安です。重量が390gと超軽量で、3つ折りにコンパクトに畳めるようになっていますので持ち運びも楽々です。

サイズは35cm×21×8cmと大きくはありませんが、耐荷重は10キロとそのコンパクトさから、テントの中に持ち込んで使えたりとあらゆる場面で使用できます。

耐熱アルミテーブル購入ページはこちら(ワークマンオンラインストア)

椅子(チェア)

椅子はダイソーのコンパクトチェアを選びました。お値段は税込550円

引用:ダイソーネットストア

大人から子供まで使用できる折り畳み式の椅子です。

商品サイズは37cm ×37cm×58cm、耐荷重は70キロなので、大柄な人は少し厳しいかもしれませんが、女性や一般体型の人なら問題なく使えます。

コンパクトチェア購入ページはこちら(ダイソーオンラインストア)

焚火台

今回の目的の一つである【焚火をする事】を叶えるためには焚火台が必要となりますが、Amazonで安くレビュー評価も悪くないものがあります。

引用:Amazon

中華製ブランドですが、価格は税込1,780円です。


私自身も持っていてソロキャンプ時に使用しています。

コンパクトなのでキャンプ場で購入できる薪などで焚火をする場合は、薪を入るサイズにカットする必要がありますが、上部の網を外せば上から差し込むような形で炎を上げさせることができるので焚火として十分成立しますね!

ダイソーで買える着火剤を用意してくと最初の火が付きやすいのでもっておくと良いでしょう。


ダイソー バーベキュー用着火剤

ランタン

引用:ダイソーネットストア

夜の明かりとして使用するランタンはダイソーの5SMD伸縮ランタン(白色)です。価格は税込220円

こちらは白色ですが、暖かい色味の電球色もラインナップはありますが、明るさは60ルーメンで白色は明るさは70ルーメンなので若干の差ですがこちらをおすすめします。

全体を明るく照らしてくれるものではありませんが、外ではテーブルの上に置いたり、テントの中ではフックに吊るせば十分な明かりとなります。

5SMD伸縮ランタン購入ページはこちら(ダイソーオンラインストア)

シェラカップ

引用:ダイソーネットストア

ダイソーの折り畳み式300mlステンレスシェラカップをチョイス。価格は税込110円です。

基本的にはお皿やカップとして使用するものですが、実はカップラーメンを食べるためにお湯を沸かしたり、お米を炊くことができるんです!

本来であれば鍋やフライパンなどのクッカーセットがあればよいのですが、今回は低予算の関係上、シェラカップで代用します。

ただし注意事項が1点あり、ダイソーとしては直火使用は不可となっています。ですが、ネット情報には直火もできたとの声もありましたので以下記事で試してみましたのでご参考まで。

結果から言えば使用できました。ただし自己責任になるのと、焚火台の上に乗せるのは全体的に熱くなってしまうので、同じくダイソーのコンパクト薪ストーブ(110円)と固形燃料(110円)を使用することが望ましいです。

この投稿をInstagramで見る

 

Aya(@aya.735507)がシェアした投稿


こんな感じになりますね。

後日実際に試したレビュー記事を投稿します。

シェラカップ購入ページはこちら(ダイソーオンラインストア)

 

合計金額はいかに!?

選んだものは以下の物になります。

BASICドームテント一人用(ワークマン/4,900円)
封筒型シュラフNV(ダイソー/1,100円)
耐熱アルミテーブル(ワークマン/980円)
コンパクトチェア(ダイソー/550円)
コンパクト焚火台(Amazon/1,780円)
5SMDランタン(ダイソー/220円)
シェラカップ(ダイソー/110円)
着火剤(ダイソー/110円)
コンパクト薪ストーブ(ダイソー/110円)
固形燃料(ダイソー/110円)

合計金額は….9,970円!!

ワークマンとダイソー様様ですね。なんとかなるもんです。

イメージにはなりますが、キャンプはこの様な感じになります。

やはり焚火があるとキャンプらしくなりますね。若干物足りなさはあるものの、キャンプらしい形ができていると思います。

まとめ

今回は、キャンプに挑戦してみたいけど低予算から始めてみたいという方に向けて合計1万円以内で道具を揃えてみました。

ただ安くそろえて不便なキャンプをするのではなく、

・焚火をする
・ご飯をしっかり食べる
・夜はしっかり寝る
・キャンプを楽しむ

以上4点を目的とし道具を選定しましたが、ほぼ目的を達成できると言い切っても良いと思います。

ご飯を食べる点についてはキャンプ飯などを作るなどが定番となっていますが、別にカップラーメンでも全然いいと思っています。

この道具のほかにすでに持っているものを持ち込んでもいいですし、本を持ち込んで読んでも良し。人それぞれの楽しみ方がありますからね!

一度道具を購入してしまえば次からも使えるので、これからキャンプを低予算で始めてみたい人は是非参考にしてみてください。

なにかまた低価格で購入できる良さそうなキャンプギアがあれば共有していきます!

スポンサーリンク
アウトドア
スポンサーリンク
SNSでシェアしてね!
Freeをフォローする
FREE LIFE UP↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました