【X14】SHOEI X-Fourteen1年使用した感想とミラーシールドの注意点

SHOEIのX-Fourteenのレビューです。
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。Free(@freebcf)です。

皆さんはヘルメットは何を使っていますか?

僕はツーリング用としてSHOEIのX-Fourteenを使用しています。

え?X-Fourteen(X-14)ってサーキットを走る人とかSSに乗ってる人が使うヘルメットじゃないの?そう思う方も多いはずです。

けどそんなことは全くないんです!

高速道路での安定性、風切り音がほぼない、美しいフォルム(かっこいい)…と良いところを上げるとキリがありません。さすがSHOEIの最高級ヘルメットです。

という事で今回はX-Fourteenを使用して1年経ちましたのでレビューをしていきたいと思います。

X-Fourteenを買おうか迷っている人に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

購入するまでのきっかけ

僕がX-Fourteenを購入したきかっけはYAMAHAのYZF-R1を購入した事でした。

それまではOGKカブトのRT-33というヘルメットを使用していたのですが、風切り音がすごく気になっていたのもあり、「バイクも新しくなったしヘルメットも新調するか」ぐらいの感覚でヘルメットを探しはじめ、バイクショップの店員さんに相談したところARAI(アライ)のRX-7XとX-Fourteenを勧められました。

2つともフィッティングしてみたのですが、最終的に選んだのはX-Fourteenのマットブラック。

レプリカモデルなどの派手な色などもラインナップとしてありますが、今後もしかしたらバイクを乗り換える可能性も出てくるだろうという事で、無難に選んだという感じです。

X-Fourteenを選んだ理由

僕がヘルメットを新調するにあたり絶対に妥協したくない点として

・自分の頭にちゃんと合うか
・風切り音はしないか
・カッコいいか

この3点を重視しました。

そして悩みに悩んだ結果、X-Fourteenを最終的に選んだ理由は以下の通りです。

・風切り音が少ない
・付け心地とフィット感
・美しいフォルムとデザイン

詳しく解説していきます。

風切り音が少ない

購入してからじゃないとわからなかったのですが、店員さんに聞いてみたところ、「とても静かですよ」とのことだったので、それを信じてドキドキしながら実際に走行してみたのですが、今まで使用してきたヘルメットと比にならないくらい静かでした。

というのもX-Fourteenはあらゆるところに空力性能を高める仕様になっていて、更にチンバー部に装着するロアエアスポイラー

ロアエアスポイラー

シールド表面の突起状のボーテックスジェネレーター

ボーテックスジェネレーター

が風切り音の低減にすごく役立っているようです。

マスツーでインカム越しに会話をしながら走るときなどに、風の音で相手の声が聞こえにくかったりして何度も聞き直すのは嫌ですし、なぜか風切り音が長く続くとストレスを感じるので、風切り音がほぼ無くなってとても感動しました。

付け心地とフィット感

僕は顔が面長なのでヘルメットを被った状態で中で顔がずれてしまうという事があり、その悩みを解消したいと思っていました。

X-Fourteenはヘルメット内部のパッドが6分割にすることが可能となっていて、各パッドの厚みを細かく変更することができます。

頭頂部のパッドを薄くし、深く被れるようにし、チークパッドに厚みを持たせることで、ヘルメットをかぶった状態で頭を振っても全くズレないようになりました。

またインカムのスピーカー様に耳の所にはめるところがあるので、耳も痛くならないですし長時間のツーリングでもストレスを感じません。

美しいフォルムとデザイン

X-Fourteenフォルム

最終的に決め手となったのがフォルムとデザインです。

アライのRX-7Xと2択だったのですが、アライのヘルメットは丸い形状が多く、なんとなくダサい…(アライユーザー様ごめんなさい)

反対にX-Fourteenは所々角ばっているのでデザインもかっこよく見た目もよかったのでこちらを選びました。

実際に使用して良かった点

約1年ほど実際に使用してみての、風切り音、フィット感の良さはお伝えしましたが、

他の部分についても良かったところがあったので挙げていきます。

高速道路での安定性

X-Fourteenを購入する前に一時期他社のカーボンヘルメットを被っていた時がありました。

とても軽くて良かったのですが、横風が強いと有名な新東名高速道路で時速100km/m程度で走った時に、頭が半端ないくらい揺れて、風で持っていかれそうになった経験があります。

とても怖い思いをしたのですが、X-Fourteenはヘルメットに重みもあり、空力性能に優れているので全くブレることなく、気持ちよく走る事が出来ました。

あ、本当にこのヘルメット空力性能考えられてるなと実感できた瞬間でした。

上部の視界が広い

出典:SHOEI

SSタイプのバイクに乗っている人なら多々、前傾姿勢になる場面もあるかと思います。

前傾姿勢になると下を向いてしまうため、普通のヘルメットなら上部の視界が狭まり、顔を上げないといけませんが、X-Fourteenはその必要はありません。

内部のチークパッドとセンターパッドの装着位置で被り角度が4度上がるようになっていて、前方の視界が広くなるように作られています。

2段階に調整もできるので下げることも可能なので、ネイキッドバイクなどに乗っている方でも問題ありません。

コーナリングなどでは曲がり出口まで見渡さないといけませんので、広いと何かとメリットが大きいです。

通気性が良い

出典:SHOEI

夏の暑い時期に特に感じたのですが、通気性能は非常に高いです。

通気性が良いのになんで風切り音がしないの?と思ってしまうくらいで、ヘルメット内部が蒸れにくく、汗でベトベトになったり臭くなったという事はないです。

暑いと熱中症になる可能性もあるので、通気性の良さってすごく大事なんだなと感じました。

使用してみて感じたデメリット

良いとこだらけのX-Fourteenですが、これだけは何とかならないかなぁという点もあったのでお伝えしていきます。

ヘルメットが重い

しょうがない部分ではあると思うのですが、ヘルメット自体は重いです。

サイズによって違いますが、1500g~1800gとのこと。

被った感じもずっしり来るなぁと感じるほどですが、アライのRX-7Xも同じくらいですから、他社製品と比べてもずば抜けて重いというわけではなさそうです。

短距離で、乗り降りを繰り返すような走行をするときは、あまりお勧めはしません。長距離であれば気にならないでしょう。

話過ぎると顔が疲れる

僕の場合は、中でずれないようにチークパッドなどをキツめにしてあるせいか、マスツーなどで話し込みすぎると、笑った時など頬がパッドに押し付けられて顔が疲れることが多々あります(笑)

これは人によって違うと思うので、購入の際はフィッティング時に笑ってみたり、口を動かしてみたりしてみると良いと思います。

めちゃくちゃ痛いというわけではないので、安心してください。多少疲れる程度です。

ミラーシールドは付けれる?

結論から言うと、ミラーシールドのラインナップはありますので大丈夫です。

SHOEIから出ているものは、多少顔が見えにくいくらいのスモークミラーなので、外から顔が見えないようにしたいという事であれば山城からでているEXTRAミラーシールドが安くておすすめです。

バイクワールドでも独占販売中のミラーシールドがあり、SHOEI純正シールドにも使用されている両端にあるボーテックスジェネレーター付きのものもあるので、本来のヘルメット性能を活かしたい人はバイクワールドの店舗で買う事をお勧めします。

ネットで買う方がポイントも貰えて安いので、X-Fourteen本体はネットで、シールドはネットorバイクワールドで買うのが良さそうですね。

インカムは取り付けできる?

エックスフォーティーンインカム取り付け

インカムの取り付けは可能です。

私の場合はSENA20Sを使用していますが、写真の様に取り付けています。

インカム用のスピーカー穴も装備されているので取り付けは比較的簡単に行えると思います。

まとめ

SHOEI X-Fourteenを約1年使用してみた感想をお伝えしました。

ほとんどデメリットがなく、さすがSHOEIの最高級のヘルメットだと感じました。

開発にマルク・マルケス選手も参加して進められただけありますね!

できるだけ購入する前に試着はした方が後で後悔はしないと思いますので、店舗の試着用のヘルメットなどで一度お試ししてみることを推奨します。

本当にいいヘルメットに出会えたと思っています!

今回はX-Fourteenのレビューでした。ありがとうございました。

スポンサーリンク
バイク関連
スポンサーリンク
SNSでシェアしてね!
Freeをフォローする
FREE LIFE UP↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました