XTZ125のマフラーをSECRET SPEEDのスリップオンマフラーに交換&注意点

記事内に広告が含まれています。

今回はXTZ125のマフラー交換です。

購入当初から社外品に交換したかったのですが、ついに社外品のマフラーを購入できたので交換手順と交換後の音や性能の変化について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

XTZ125用の使用するマフラー

私が購入したのはSECRET SPEEDのスリップオンマフラーです。

SECRET SPEEDXTZ125用(Yahoo!ショッピング)

有名どころで言うと、SP武川やウイルズウィンのスリップオンマフラーもあるのですが、値段が高く手が出せなかったため、半額近い値段で買えるセレクトスピードを選びました。

現在はセレクトスピードというブランド名に変更となっていますが、以前は弾丸マフラーとも呼ばれていたみたいです。

マフラーの出口がカーボンタイプステンレスタイプと2種類ありますが、3,000円位安かったのでステンレスタイプの方を選びました。

見た目の問題なので性能には変わりないと思います。

マフラー交換に必要な物

マフラー交換時に必要な物は以下の通りです。

・プラスドライバー
・六角レンチ(6mm~8mm)
8mmラチェットレンチ、ソケット等
・スプリングフック(あると楽)
・液状ガスケット

後述しますが、マフラーとエキパイを接続させるためにスプリングが2本付属しており、引っかけるのに少し力がいります。

力技や工夫して取り付けることもできますが、滑ってマフラー本体を傷つけたりしてしまう可能性もあるので不安な方はスプリングフックを使用してください。簡単にスプリングをひっかけられます。

液状ガスケットは排気漏れを防ぐために使用した方が良いとは説明書に記載はありましたので、取り付けてみて排気漏れしている場合に使用すると良いです。

私は面倒なので最初から液状ガスケットを接続部に塗布して取り付けしました。

すぐに必要だったので家の近くのホダカでスリーボンド社の液状ガスケット灰色1215を購入しましたが、量が多いものしか在庫が無く1,600円ほどしたので事前にAmazonなのでキタコの液状ガスケットなどを購入しておくと安く済ませれます。

セレクトスピードスリップオンマフラー交換手順

それでは交換手順です。比較的簡単で作業時間は30分程度です。

1.サイドカバーを取り外す

まずは車両右側のサイドカバーを取り外します。

中央にプラスねじがありますので取り外し、あとは両サイドがはまっているだけなので手前に引っ張ります。

カバーが割れたりしそうで怖いと思いますが、結構力を入れて手前に引かないと外れません。

赤丸の2点でカバーがはまっているので、後ろ側から引っ張ると外れやすかったです。

2.マフラー本体、ガード&エキパイの取り外し

サイドカバーが外れたら、マフラーカバーをプラスねじで3点取り外します。

次にエキパイの中間部分にあたる接続部分を六角レンチと8mmのラチェット等で取り外します。

最後にマフラー本体上の六角ねじを取り外します。

最後に取り外すのは、途中で取り外してしまうとマフラー本体の重みでエキパイの方に負担がかかってしまうのと、作業のしやすさからです。

3.取付マフラーの組立

次にマフラーの取り付け事前準備として、取り付けるマフラー本体と中間パイプを組み立てます。

スプリングを2本取り付けて接続部には液体ガスケットを塗布します。

エキパイのズレ防止も含めて液状ガスケットを塗布するので、全体に薄く塗ります。

あまり塗りすぎると取り付けたときにあふれてきますので注意してください。

漏れてきてもウエスなどで拭けば問題ないです。

熱が入って硬化すると取れなくなるので、エンジンをかける前にふき取りましょう。

4.本体&エキパイの取り付け

取付マフラーの組立が終わったら、本体エキパイに取り付けます。

純正マフラーと違って、外した六角のねじなどで固定するものがないので、ここも液状ガスケットを塗布して固定させた方が良いと思います。

ここはあまり目立つ部分ではないので、排気漏れ防止も含めて上からオーバーに塗りました。

最後にマフラー本体を取付金具で固定して六角ねじで取り付けます。

ここまで取付が終わったら、各接続部の排気漏れチェックをしてカバーをはめて完成です。

やはり社外品に交換するだけでスタイリッシュになりカッコよくなりますね。

マフラー交換後の音と性能の変化

交換後に感じた変化は以下の通りです。

まずはメリットから。

・排気の抜けが良くなり馬力が上がったように感じる
・公道での最高速度が上がった
・オフ車っぽい音とスタイルが手に入った

あきらかにMAX速度は上がったように感じました。おそらく+5kmくらい。特に高回転域は気持ちよく走れるようになりました。

あとは見た目ですが、よりオフ車っぽくなったことです。

次にデメリットです。

・音がうるさくなった

排気音は確実にアップし、すこしうるさいなぁと感じるくらいでした。

ただし、バッフルが装着されていれば90dbらしいので法規制の94db以内には入っているようです。

マフラーを交換すると低回転時のトルクが下がると良く言われていますが、今回のマフラー交換では感じられませんでした。

抜けが良くなっているので、下がっているはずなのですがおそらく音が上がっているせいで気にならないようです(笑)

XTZ125マフラー交換まとめ

今回のマフラー交換のまとめです。

・XTZ125の社外マフラーは少ないがセレクトスピードスリップオンマフラーが最安
・高いけど、SP武川などもラインナップはある
・交換は整備初心者でもできる
・交換時には排気漏れを防ぐためできるだけ液状ガスケットを使用する
・交換後の満足度は高いが、音がうるさくなるので近似所迷惑注意

交換後の走行はとても気持ちよく走行できましたが、やはり純正との音の差が大きいので気になってしまいますが、慣れだと思います。

確実に音はアップするので近所迷惑にならないように注意は必要になります。

交換自体はシンプルでしたので、整備初心者の方でも工具さえあれば問題なく作業可能です。

是非参考にして挑戦してみてください。

XTZ125をオフ車に使用計画として色々とカスタムしていますので気になる方はぜひ他記事もどうぞ。

使用したマフラー

SECRET SPEED XTZ125用(Yahoo!ショッピング)

スポンサーリンク
バイク関連
スポンサーリンク
SNSでシェアしてね!
Freeをフォローする
FREE LIFE UP↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました